なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


1

彫刻家  喜多 武四郎(きた たけしろう)

< b.1897 - d.1970 >   
PgUp 開催中 『彫刻家 喜多武四郎展』 − 生誕120周年記念 −
2017(平成29)年10月7日[土] 〜 2017(平成29)年11月5日[]
会場:碌山美術館
地域:長野・安曇野市
「喜多君の手が土に触れると生命なき土に生命が入るから妙だ。ただの土ではく生きたものになっている。」彫刻家喜多武四郎(1897〜1970)を評した石井鶴三の言葉です。喜多は21歳で彫刻家を志し、戸張孤雁に指導を受け、戸張・石井・中原らが活躍する日本美術院を活動の場とします。喜多はロダニズ、ムに傾倒した荻原守衛、高村光太郎らが示した生命感を作品の根幹に捉えながらも、作風は一線を画し、大正後期から戦後にかけて人体塑像の新たな表現を展開して行きます。「芸術において対象を描写することは対象の種々相を描写することではない。対象と私との生気の合縁を描写することが表現の第一義である」と喜多が述べるように、その作品は表面的な描写には捉われていません。細部を省略した造形から不思議と伝わる透明感は、喜多の生まれもった資質や、自然への優れた観照を感じさせます。戸張から彫刻における動勢を学び、立体造形を強く思考していた石井鶴三の影響もあって、構造への意識も高めていきました。喜多作品の多くが周囲の空間へ広がってゆくように感じられるのは、純粋な芸術観をもっ喜多の優れた造形力と透明感によるものです。本展では喜多武四郎の生誕120年を記念し、初期から晩年に至るまでの作品を展示して、その造形の軌跡をご覧いただきます。
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 http://www.rokuzan.jp/





- 彫刻家 喜多武四郎  展覧会 -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2017 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.1m  To Home- on