なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


1

画家  灰野 文一郎(はいの ぶんいちろう)

< b.1901 - d.1977 >   
PgUp 開催中 『灰野文一郎展』 
2018(平成30)年1月28日[] 〜 2018(平成30)年4月15日[]
会場:宇都宮美術館
地域:栃木・宇都宮市
灰野文一郎(はいのぶんいちろう)は、1901年新潟県高浜町椎谷(現・柏崎市)生まれ。小樽商業学校、明治大学商科を卒業後、大正15年より栃木県宇都宮市立宇都宮商業学校で教鞭をとるようになります。昭和初期から白日会などに宇都宮の風景や静物などの身近な主題を描いた油彩画を出品し始め、1936年には《高原に炭を焼く》(栃木県立美術館)により文展鑑査展に初入選しました。灰野は那須や日光の風景など栃木県の豊かな自然を多く描き、雄大な山々とその裾野を、広がる空と流れる雲の下に表現しました。特にその雲は「灰野の雲」と呼ばれ、見る者に移ろいゆく光や風を感じさせます。本展覧会は、長年、宇都宮を拠点とし第一線の画家として活躍を続け、1977年に75歳で没した灰野文一郎の回顧展です。
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 http://u-moa.jp/





- 画家 灰野文一郎  展覧会 -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2018 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.2m  To Home- on